田植え&さつまいもの苗植え&大豆の種まき

親子農業体験プロジェクトでは、2017年5月28日日曜日、
茨城県稲敷市の農事組合法人東町自然有機農法様の田植祭に参加させて頂きました。
JONA会員である農事組合法人自然有機農法様は、有機JAS認証を2002年に取得され、
有機栽培に力を注いでおられます。

参加者(大人7名、子供4名)、そしてJONAスタッフを乗せたマイクロバスは8:15に東京駅を出発。
私たちは田んぼへ9:30に到着。
続々と参加者が集まり、なんと約120名が集まりました。

開会のあいさつの後、田植えがスタート。



田植え



田んぼには、等間隔に線が引いてあり、15-20センチ間隔で苗を植えて行きます。
田んぼに初めて入る小さなお子様は、ドロドロ、ニュルニュルの感触に悲鳴をあげ、
カエル、おたまじゃくし、どじょうの観察へ…。
生き物の話をしながら、田植えをしている親子がたくさんいました。
IMG_1690_convert_20170529141718.jpg




田植えが終わった後は、農家のみなさまが前日から準備をしてくださった昼食をいただきました。

・ミルキークィーンの塩むすび
・コシヒカリのわかめむすび
・ミルキークィーンの酵素玄米むすび
・具だくさんのトン汁
・きゅうりとキャベツの漬物
・ウィンナー

大きな鍋とたくさんの笑顔で作られたお料理はとっても美味しかったです。
昼食1



昼食後は、管理栄養士 西村小涼さんの食育講座「健康の土台のご飯」。
学校、病院、介護施設、飲食店での経験から、お米の消費減少、
糖尿病患者の増加、食欲の不思議、日々の食生活の大切さなどを伝えて下さいました。

午後の作業は、さつまいもの苗植え。
さつまいもの苗植え



そして、大豆の種まき。
播種機を操縦したい子供たちでいっぱいでした。
大豆の種まき




小さな苗が成長して、お米になる。
小さな苗が成長して、さつまいもになる。
小さな種が成長して、枝豆になる。
命の繋がりに感謝です。

9月24日には収穫祭が予定されています。
成長した姿を見に、バスに乗って一緒に出かけましょう。

IMG_1727_convert_20170529140923.jpg











2017.05.29 15:50 | 親子教室(seeds+) | トラックバック(0) | コメント(0) |

第34回親子農業体験プロジェクト「田植え」

2015年6月7日(日)、JONA実験圃場で田植えをしました。
今年の田植えは初めてだらけ。

初めての田んぼ…横浜市緑区新治の圃場。JR横浜線中山駅近く
初めての品種…「あさひのゆめ」 粘り気が少なく、あっさりした食味
初めての栽培…不耕起、無肥料
初めてのお弁当持参…調理場が確保できないため、昨年収穫したご飯が炊けません

でも、有機的な管理は変わりません。
除草はもちろん人力です。

大人20名、子供17名で一列に並んで田植えスタートです。
DCIM1459.jpg


泥の感触に笑い出す子、
何度も足を洗いに行く子、
おたまじゃくしを追いかける子、
真面目に田植えする子、
水たまりで遊ぶ子、
田んぼに入らず幼児の世話をする子…

子供は自由です。

ロープに沿って、苗を植え、前進して行きましたが、
列が曲がってしまうため、作戦変更。
後ろ向きになり、植えた苗を見ながら、後退することにしました。

約2時間で終了。
ご覧のとおり、田んぼらしくなりました。
DCIM1461.jpg


昨年も参加してくださった親子は、
不耕起の田んぼは歩きやすく、植えやすかったと話してくださいました。

昼食は、各自持参したお弁当。
畦で食べるチームと近くの交流センターの和室で食べるチームに分かれました。
子育ての話、食事の話など、情報交換もでき、楽しいひと時でした。
食事を終え、13時半には解散となりました。

9月までは除草が続くでしょう。
除草をしたい方、大募集です。
稲刈りは9月末を予定しています。
初めてだらけの田植えでしたが、いつものようにお米が収穫できますように♪

2015.06.11 11:36 | 親子教室(seeds+) | トラックバック(0) | コメント(0) |

第33回親子農業体験プロジェクト「稲刈り」

2014年9月27日(土)、JONA実験圃場の稲刈り体験を行いました。
参加人数は、大人8名、子供9名。

2014年5月25日に田植えを行った田んぼは、4か月後にはこのようになりました。
DCIM1354_convert_20141015125539.jpg


鎌を持ったことのない子どもたちは、大人と一緒に稲刈りスタートです。
DCIM1367_convert_20141015125320.jpg


慣れてくると、今度は自分ひとりでやってみる!と挑戦する子どもたち。
DCIM1371_convert_20141015125506.jpg


「田植えより稲刈りの方が楽しいね。」
「カエルがいいるよ。」
「この草の種は、まっ黒くろすけみたいだね。」
と、子供たちはいろんな発見を楽しんでいました。

刈り取った稲は、天日干しをするために束ねて「はさがけ」します。
DCIM1372_convert_20141015125632.jpg


この状態で約1週間乾燥させます。
DCIM1380_convert_20141015125651.jpg


稲刈り体験後は、生きもの調査を行いました。
今回は、アゲハチョウ、カマキリ、ショウリョウバッタ、赤トンボ、トノサマガエルを探しました。

季節の移り変わりを感じる一日でした。
また来年の春に田植えをしましょう。

2014.10.15 11:51 | 親子教室(seeds+) | トラックバック(0) | コメント(0) |

第32回親子教室 田植え

2014年5月25日、曇り空のなか埼玉県南埼玉郡宮代町のJONA実験圃場で田植えを行いました。
参加者は大人25名、子供12名。
10時、横一列に並んで手植えスタートです。
田植え


初めて田んぼに入る子、昨年も田植えをした子、まだ田んぼに入る決心がつかない子。
さまざまですが、泥の感触はみんな味わいました。
田植え2



11時半には約6.5aの田んぼに、苗(コシヒカリ)がきれいに植え付けられました。
集合写真



昼食は、2013年JONA実験圃場で収穫した米を三升炊き、
㈱新しい村.の直売所で購入した野菜をたっぷり入れたカレーを作りました。ちょっと作り過ぎましたね…
昼食



午後は、田んぼやその周辺の水路、道ばた、畑にどのような生きものがいるのか調査しました。
生きもの調査1


今回の課題は、6つ。
1.カエル(オタマジャクシ)
2.メダカ
3.アメンボ
4.ドジョウ
5.ミミズ
6.ザリガニ


見つけられたのは、カエル、オタマジャクシ、アメンボ、ドジョウ、ミミズ、ザリガニ、タニシ、エビ、ヤゴ。
生きもの調査2
生きもの調査3
生きもの調査4



たくさんの生きものと出会うことが出来ました。

田植えが無事終わりましたので、来月からは草取り作業が続きます。
稲刈りは、2014年9月27日土曜日に予定しておりますので、
ぜひご参加ください。
秋にはどのような生きものに出会えるでしょうか?
(JONA横山)

2014.05.27 15:11 | 親子教室(seeds+) | トラックバック(0) | コメント(0) |

第30回親子教室 田植え

2013年6月1日土曜日、埼玉県宮代町にあるJONA実験圃場で田植えが行われました。
参加者は大人8名、子供5名と少な目でしたが、約7aの三分の二を手で植えることができました。
今年の実験圃場は昨年の場所とは異なり、東武動物公園のジェットコースターに近いところにあります。

扇形をした圃場に、まず苗を投げ入れ準備です。
品種はコシヒカリ。
P1010933_convert_20130613153142.jpg


トロトロの田んぼに入り、紐に沿って一列に並んで植えていきます。
P1010938_convert_20130613153434.jpg


三分の一が終わったところで、紐に頼らず、自分の感覚にチェンジ!!
真っ直ぐに植えているつもりが、一列なくなっていたり、一列植えていなかったり…
P1010952_convert_20130618132544.jpg


収穫は手刈りするので、列が曲がっていても支障はないのですが、
草取りを考えると、やはり真っ直ぐの方が効率が良いのです。


田植えをしているチームの横では、生き物調査隊が採取したエビや魚を図鑑で調べていました。

P1010963_convert_20130618132309.jpg


お昼ご飯は、2012年JONA実験圃場で収穫したお米を炊き、2011年に仕込んだ味噌と㈱新しい村 結の市場の野菜をたっぷり使った豚汁、コロッケを頂きました。
P1010959_convert_20130613153857.jpg


稲刈りは2013年10月5日土曜日の予定です。
収穫まで草取りは続きます。
実験圃場の様子はまたご報告いたします。

2013.06.13 16:15 | 親子教室(seeds+) | トラックバック(0) | コメント(0) |