新しい村の収穫祭

20111001.jpg


本日、埼玉県宮代町の『新しい村』は、秋の収穫祭である(東武動物公園の近く)。
ここは私の自宅から徒歩数分で、散歩コースとして普段からちょくちょく行っている。


来年は、このエリアの田んぼを借りて、JONAの実験農場や親子教室をやりたいと考えている。
また、ミツバチの巣箱も置かしてもらう予定だ。
20111003-2.jpg




↑ピザを焼く石窯も完備。かなり面白い村である。


Tu(http://jona-japan.org/)

2011.10.01 11:43 | 次代の農を考える会 | トラックバック(0) | コメント(0) |

井の中の蛙、大海を知らず

20110929.jpg


↑先日JONAのツアーで行った六ヶ所村の写真を整理していたら、カエルが出てきた。

これは、09/20のブログでも紹介した日本原燃PRセンターのマスコットである。
たしか、「核燃料を再処理して繰りカエし使う」からカエルだったと思う。


それにしても、カエルは企業PRに使われやすい。
その昔は、電話会社の「帰るコール」、最近では消費者金融のマスコットにもなっている。


だが、私の知る限り、カエルを使った会社は、そのあと伸びていない。
原因は、ダジャレでマスコットを決めるという企業風土にあるのではないか?
安直というか、工夫がないというか…。
結局は『井の中の蛙(かわず)』なのであろう。

カエルは大海を知らず。原発推進という時代遅れの感性は、まさに井の中の蛙である。


ところで、大海で暮らせるカエルっているのだろうか?
カエルってぜんぶ淡水生物じゃなかったかなぁ。

Tu(http://jona-japan.org/)

PS:最近のカエルの中では、やはりレニングラードが好きだな。

2011.09.29 09:27 | 次代の農を考える会 | トラックバック(0) | コメント(0) |

六ヶ所村をみて

20110920.jpg


↑写真は六ヶ所村にある原燃PRセンター。
簡単にいえば、原子力発電燃料の再処理工程と核廃棄物の処分に関して、PR活動している。


折しも、私たちが訪れた9/20は、開館20周年の記念日。原発推進派は、たくさんのカネをかけて、世論を誘導しようとしている。


原発反対派もウカウカしていてはダメだ。何回かデモに参加したくらいで、原発推進の流れが変わるなんて思ったら大きな間違いである。
1人1人の不断の努力――、反対するにはこれが欠かせないと感じた。


六ヶ所村を見て回った結論としては、いかなる理由があろうと、ワンウェイ型の資源利用には反対である。

「バイオマス増すオーガニック」を合言葉に頑張ろう!


Tu(http://jona-japan.org/)

2011.09.20 11:06 | 次代の農を考える会 | トラックバック(0) | コメント(0) |

はやてって速い!?

JR東日本の「はやて」は、JR東海の新幹線より速い気がする。

気のせいかなぁ?20110919_20110920125453.jpg


Tu(http://jona-japan.org/)

2011.09.19 12:55 | 次代の農を考える会 | トラックバック(0) | コメント(0) |

六ヵ所村で会いましょう

明日から、JONAのイベントで青森県六ヵ所村へ行ってくる。


今回のイベントは、『風力・霊力、ついでに原子力』と題して、色々なエネルギー施設の見学に加え、下北半島のイタコに会う。


「エネルギーと霊界の関係は?」とか、
「オーガニックと関係ないじゃん 」とか、
批判めいた声もあるが、私はこの目で六ヵ所村を見たい!

それに、これまでのエネルギー政策の結果として、日本だけでなく世界中で数多の人々が犠牲になってきたのだから、イタコを通してそういうことも意識したいのだ。


初めから成果は想定しない。なにを感じて、それを今後にどう活かすかは、イベントの後に考える。というか、そういうのは考えなくても、湧いてくるに違いない。

少なくとも、物見遊山じゃない…、そう宣言しておこうかな。
20110918.jpg


↑『六ヵ所村ラプソディー』と『ミツバチの羽音と地球の回転』(ともに鎌仲ひとみ監督)。
六ヵ所村の原発や日本のエネルギー問題を扱ったドキュメンタリー映画である。
一見の価値あり!


Tu(http://jona-japan.org/)

2011.09.18 11:16 | 次代の農を考える会 | トラックバック(0) | コメント(0) |