FC2ブログ

世界の有機農業の発展について-1 ~~世界各地で有機農業はどのように拡がっているのか?~~【第一章 世界各地域の有機圃場とその作物】

世界各国のオーガニック理念に基づく基準や基準設定の理由を比較検討すると、幾つかの基本的な要素に集約することが出来ます。

有機農業とは土づくりの重視、化学肥料・農薬、食品添加物などの使用禁止、生物多様性の保持、自然環境の有効利用、GMO技術や放射線の使用禁止、計画に基づく有機生産、生産諸条件の確認、流通過程での有機一貫性の確保などです。


1. 世界の有機圃場

IFOAM とFiblが2009年の年末までに世界160カ国から集めた有機圃場(有機転換中を含む)の調査結果を本年2月に発表しました。2009年の全世界の有機圃場面積は、3,720万haです。

注)有機圃場とは有機的な管理がされている圃場のことで、認証制度のない国や地域が多いため、認証の有無は言及していない。世界各地で統一した方式に基づく公式な有機圃場面積が推計されていないので、各地域、各国から信頼性の高い情報を集め、FiblとIFOAMがチェックして纏めたものです。


【1】過去10年間の世界の有機圃場面積の増加(図表1,2)
1)直近の2009年末の面積3720万haは、統計を取り始めた1990年時の1100万haの3倍以上、2001年の1740万haの2.14倍になりました。停滞した2005年を除き、有機圃場が世界で広がってきていることを示しています。2009年は2008年より200万ha(6 %)増加しました(図表1)。
Zu-1-.jpg

2)各地域の有機圃場の経年的推移は、欧州、北米、アフリカが継続的に増加しており、オセオニアが2004年以降やや停滞気味、中南米は2002年から2006年の間は減少しましたが、その後急激に有機圃場を拡大している。アジアも有機農業が普及してきています(注;アジアの2004年の400万haは、異常に高い数値であり、推計方法に問題があったためと思われます。)(図表1)。

3)前年と較べて、最も高い増加率を示したのはアフリカで、19.7%。 面積で最大の増加をしたのは欧州で996,000haでした。アジアは230,850 haの6.9%の増加でした(図表1)。

4)世界と日本の有機農業の経年的増加を2001年を起点としてグラフ化すると、2009年は世界で2.14倍に対し、日本の有機農業は増加してはいますが1.7倍に留まり、世界の趨勢よりも停滞していることを如実に示しています(図表2)
(日本の有機圃場の推移は、農林水産省へ報告されている国内の有機JAS格付け数量の推移で代替しました。圃場面積は2008年まで集計されていないためです。)
Zu-2_1.jpg


【2】地域別の有機圃場面積(図表3,4,5)
・2009年末時点の地域別の有機圃場面積は、オセアニア(主にオーストラリア、ニュージーランド)が1220万ha (全体の32.6%)で1番多く、次いで欧州が930万 ha (全体の24.9%)、中南米が860万ha(全体の23.0%)、アジアが360万ha(全体の9.6%)、北米が270万ha(全体の7.2%)、アフリカが100万ha(全体の2.8%)です(図表3)。前年と較べて、最も高い増加率を示したのはアフリカで、19.7%。 面積で最大の増加をしたのは欧州で996,000haでした。アジアは230,850 haの6.9%の増加でした。
Zu3_1
・有機圃場が世界で増加していますが、農業全体(非有機と有機の合計)に占める有機圃場の割合はまだまだ極めて小さく、世界全体で0.85%でした(2008年は0.78%)。有機圃場の割合が高い地域は、オセアニアの2.82%、次いで欧州で1.82%、 中南米の1.37%で、他の地区はまだ1%以下です(北米は0.68%、日本は0.19%)(図表4)。
アジアの有機面積は、360万haで、2001年の8.7倍に増加しています。
Zu4_1.jpg
・近隣のアジア諸国の有機圃場面積では、中国は1,853,000ha、インドが1,180,000ha、フィリピンが52,546ha、タイとスリランカが20,000 ha台、ベトナム、韓国、カンボジアが10,000 ha台、サモアが9,714ha、ネパールが8,059 haです(図表5)。
 日本の2009年の有機圃場面積(転換期間中を含む)は8817 haで、アジアの中でも有機圃場が極めて少ないことを指摘しておきます。
Zu5.png
・日本は民間での有機農業の歴史も長く、法律に基づく有機制度が欧州についで世界で2番目に定められました。先進国で豊かな生活をし、環境問題に関心が高く、教育水準は高く、又子供達を大変大切にする日本で、その有機圃場がアジアの諸国と比較してもこれほど広まっていないことを海外の人々は不思議に思っているようです。

・日本では、認証を取っていない有機圃場があり、産直などで取引されていることを否定できませんが、それにしても余りにも諸外国に比べ日本の有機圃場が少ないと思われます。なお、中国、インド、韓国、台湾、フィリピン、マレーシアはそれぞれ有機食品の表示制度を施工しており、タイとインドネシアは認証制度を持っているので、日本の有機圃場がこれらの国の後塵を拝している責任を有機JAS制度そのものに転嫁するわけにはいかないと思います。



【3】地域別の作物別圃場の比較(図表6)
これら認証圃場では、どのような作物を有機的に管理しているのか? 地域別に特徴があるのかを調べます。
Zu6_1.jpg
・1年生作物を栽培する圃場、多年生作物の圃場と恒久的な牧草地を含んでいます。恒久的な牧草地とは、耕作には適していない草原で、オーストラリア中西部の乾燥した草原や欧州のアルプスの山の草原、モンゴルの草原などで、有機的管理がなされている土地のことです。日本にはそのようなところはほとんどなく、またそこでの畜産業もほとんどありません。世界の有機圃場を見る場合、この恒久的牧草地を除外した有機圃場だけを対象に比較したほうが分かり易いと思います。又、国際比較をする場合には、広義の農業の中における畜産業の各国での位置付けを明確に意識することが重要と考えています。

1)アフリカでは、1年性と多年性がほぼ同じで、恒久的牧草地で有機的管理をされている土地は僅か26,128 haしかありません。野生動物が生息する草原は広大ですが、有機的管理の圃場の対象になっていないのではないかと思います。

2)アジアでは、1年生が78%と大きく、恒久的牧草地は17%です。

3)欧州は、1年生と恒久的牧草地がそれぞれ400万ha強で、11%の100万haが多年生です。

4)中南米は、恒久的牧草地が530万haで有機圃場全体の62%、1年生は255万haです。

5)北米は、1年生144万haで54%、恒久的牧草地が114万haで43%です。

6)オセアニアは極めて特徴的で、恒久的牧草地が1175万haで全体の97%で、有機畜産が大変重要な役割を担っています。日本と比較のしようもありませんが、それでも1年生は40万haで、日本の5倍もの1年生作物の有機圃場があることに注目する必要があります。



〔次回Ⅱ章に続く〕

2011.08.11 17:41 | 世界の有機農業の発展について | トラックバック(0) | コメント(0) |

世界の有機農業の発展について-1 ~~世界各地で有機農業はどのように拡がっているのか?~~【序文】

序文
 3月11日の東日本大震災によりでご親族、ご友人を亡くされた方々、住居、店舗、田畑、工場、倉庫など生活の基盤に甚大な影響を受けた方々、さらに放射線汚染により被害を蒙られた方々に心からお見舞い申し上げます。

 地震は天災とはいえ、原子力発電所の未だに出口の見えない事故により、現代の最先端技術の脆さを図らずも強く認識しなければならないことになりました。
現代の先端技術は未開の分野を開き、極めて生産性が高いことは賞賛されるべきかも知れませんが、外部不経済や周辺分野への配慮あるいはその技術による自然や社会への影響の考慮が十分でないことが大きな盲点となっています。


これはハイテクノロジーを駆使する工業生産のことだけではありません。
現代の先進諸国の食品は、米国がリードしてきた現代農業、即ち主に農薬や化学肥料を使用し、大規模農場での単一作物の農産物や工場的生産の畜産物と、それに呼応して食品添加物、保存剤などを使用した大量生産による加工食品が主流となっており、人々の健康な生活や自然環境への脅威となっています。
更に遺伝子組換作物(GMO)が次の世代にどのような影響(自然生態系への影響や社会基盤への影響など)を与えるのか十分に検討されないまま推進されていることも大きな問題です。


 世界で飢饉に直面している数十億人の食糧の確保が国際社会の大きな問題であることを先進国日本の我々も看過することは許されません。
その原因は世界の総生産量が不足しているのではなく、先進諸国の過剰消費と廃棄される食物、増大する畜産物の生産と過大な消費、富の偏在と流通機構の不備などが大きな原因とも考えられております。


 アフリカ、インド、中南米などで化学肥料や農薬に頼らずない有機農業をIFOAM(国際有機農業運動連盟)が推進してきましたが、その成果はWHO、FAOなど国連の関連機構も認めるようになりました。


 有機農業は、欧米では1990年代より盛んになってきていることは周知のことと思いますが、アジアの諸国でもここ数年来、力強く発展してきています。
残念ながら、日本の有機農業は減じてはいませんが、微々たる伸びしか示していません。


その理由はどうあれ、世界の有機農業は現時点でどのように広がっているのかを本稿で紹介し、日本の現状とのギャップを理解していただきたいと思います。

(出典は主としてIFOAMとFiBL(スイス)の共同調査報告書(The World of Organic Agriculture)です。)


本稿の概要は次の3章を予定しています。

Ⅰ章 世界の有機圃場
Ⅱ章 世界の有機食品市場
Ⅲ章 世界各国の有機食品制度


今回のホームページでは、世界各地域の有機的管理がされている農業用地(圃場)の面積、作物別の利用方法などを中心に報告します。
なお、本稿では、有機農業の社会的意義(社会貢献)、有機農業の技術、有機農産物の特徴などについては触れておりません。
そのようなトピックスは別に報告いたします。


順次更新いたしますので、お楽しみに。

2011.08.11 17:37 | 世界の有機農業の発展について | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |