FC2ブログ

幻の野生白茶

4月末の週末に、友人に誘われて浙江省西部の安吉まで足を延ばし、白茶の産地を探索した。
安吉市の街から車で30数分ほど山を登り、道の奥にある山村に辿り着いた。
少し休憩をとった後、村のおじさんに案内されて、野生の白茶を探しに山を登り始めた。


白茶の茶湯の色は緑茶より薄く、味も淡白で、アミノ酸が緑茶より多く含まれており、まろやかな味がする。
稀少な品種で、ここ安吉が原産地。
環境が似ている隣の江蘇省の一部でも栽培があるものの、量が少ない。


屈折した山道を背にして、竹藪を通り抜け、標高900m位のところに到着した。
これが野生の白茶樹だと案内者が指を指した。
20120521白茶1

一見どこかで見たことのある街路樹のような葉がやや大きい灌木。
えー、これが茶木?
今までに見慣れていた葉が小さくて、樹形がよく整った茶木とは違った風貌だった。
新芽を摘まんで噛んでみると、以外に美味しかった。ほんの少しお茶の渋みがあったものの、甘味がはっきりしていて、今までに味わったことのない茶葉の味だった。

20120521白茶2



その山を降りて標高800m位のところにある、村民が管理をしている茶畑に到着した。
村より標高が200mほど高く、肥料を運ぶのが大変だということで、管理といっても剪定や除草などの作業に留まり、肥料は落ち葉以外一切やってない。自然農法風の茶畑だ。


20120521白茶3



更に山を下り、村に近い所に来ると、茶摘み作業をしているお婆ちゃんたちに出会った。
40歳以下の若衆がほぼ全員村を出てしまったため、村は高齢化が進み、茶摘みの主力は70歳前後の女性たちだった。

6、7年前に日本からJONAの会員を連れて、同じ浙江省の有機茶産地を視察したことがある。
その際に、お茶生産を営んでいる方が、「日本では茶摘作業の労働力確保が難しい」と嘆いていたことをよく覚えているが、現在の中国も同じ問題に直面している。

案内者の話では、お茶の新芽を採るのにはタイミングが大事であるが、茶摘み人数が足りなく、また年配女性の作業効率が低いため、相当お茶の新芽が採取できていないとのこと。

20120521白茶4



村の事務所で、野生・不施肥管理・施肥管理 の三種類の茶が用意され、小さな茶品会が開かれた。
通常の緑茶の味に慣れているせいか、個人的には通常の施肥管理の白茶がコクがありとても美味しかった。
野生と不施肥管理の白茶は淡白すぎると感じたが、現地の人々はやはり野生茶と不施肥茶が美味しいと自慢していた。
味の慣れというものもあるが、自然そのままの環境を、心から愛していることの表れであろう。


希少価値のため、今年の一番摘みの野生白茶と不施肥管理白茶の市場価格は、500gで10000元(約12.5万円)だそうだ。
試飲の際に飲んだ一口はいくらかなと帰りの車でずっと計算していた。

(胡杰)


2012.05.21 15:52 | 世界のオーガニック情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |