FC2ブログ

夏分蜂!?



写真は、7月1日に撮影した分蜂群の巣である。
見てわかるように、王台がいくつもできており、蜂の数(密度)も少ない。
この様子から、この群はつい最近、分蜂したと推測できる。いわゆる夏分蜂だ。

ミツバチは、春に分蜂した後、群に勢いがあると、夏前にもう1回分蜂しようとする。
しかし夏分蜂のタイミングが悪い(遅れる)と、2つの問題が生じてくる。

ひとつは、夏の盛りになるにつれ、オス蜂の数が減少してくるので、元の巣に生まれた新女王が交尾できないリスクが高まる。
万一、新女王が交尾できなければ、元の巣は崩壊することになる。


もう一つは、分蜂による貯蜜の減少。つまり、元の巣が飢餓のリスクにさらされる。
分蜂に参加する働き蜂たちは、飛び出す前に腹いっぱい蜜を食う。
まだ蜜源のある今頃なら問題ないが、これが夏の盛りの端境期にあたると非常にまずいことになる。




2012.07.08 09:00 | ミツバチは花が好き | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://jonajapan.blog136.fc2.com/tb.php/233-b19646c0

| ホーム |